ツートンカラーで外壁をおしゃれに!

おしゃれで個性的なツートンカラー

今までとは違う色で外壁塗装すると、ガラッと印象が変わります。なかでもツートンカラーはデザイン性が生まれおしゃれで個性も出せるため、塗り替えの際はぜひ取り入れたいテクニックです。

ツートンカラーをするときは組み合わせる色やその色分けで大きく雰囲気が変わります。

外壁をツートンにするための配色基準や、塗り分け方についてご紹介します!

塗り分け方は大きく分けて3つ

水平に色分け

一番ポピュラーなのは水平方向に分ける方法です。例えば、下半分に濃い色や彩色、上半分に薄い色を使うと、下側が膨張して見え、重厚感を出せます。また、上半分を明るい色にすると、家全体を広く見せる効果も期待でき、モダンでスタイリッシュな印象になります。

120_1_37

縦に色分け

縦向きに色分けすると、キリっとした印象の外壁になります。

どこにでも縦ラインを入れるわけではなく、窓や玄関などの位置に配慮してコーディネートすると、まとまったデザインになるでしょう。

濃い色と薄い色を組み合わせると、モダンでスタイリッシュな印象になります。

優しい印象にしたい場合は淡い色同士の組み合わせがおすすめです。

113_1_37

凸凹で色分け

ベランダやバルコニー、玄関など凸凹のある箇所の色を分ければ、ポイントで色を使うことにより、モダンでハイセンスな雰囲気にできます。

立体感が生まれるため、狭小住宅を大きく見せる効果も期待できるでしょう。

111_1_37
色選びの注意点

外壁塗装の色選びは街並みとの調和が大切です。それに加えて、ツートンは色のバランスにも注意が必要です。

使う色が多すぎるとまとまりが悪くなり、色同士が喧嘩してしまうため、使う色は3色までにおさえましょう。

色を組み合わせる時は比率を考えてベースカラーから決めていくとバランス良くまとまります。ベースカラー7:アソートカラー2:アクセントカラー1の比率を意識して組み合わせましょう。

黄金比7:2:1

【ベースカラー】

ぜんたいの印象を決めるとても重要な色です。全体の70%をベースカラーが占めるとバランスが良くなります。

 

【アソートカラー】

ベースの色を引き立てる色のことを言います。ベースカラーと相性の良い色を組み合わせるのがポイントです。

 

【アクセントカラー】

アクセントカラーは全体の雰囲気を引き締めてくれる色です。雨樋や破風、帯など色面積が狭い部分に入れると効果的です。

おすすめの組み合わせ

01.

同系色でまとめる

配色に失敗したくない、絶対に外したくないという方には同系色同士の組み合わせがおすすめです。一般的に白×グレー、黒×グレー、クリーム×ブラウンなどのカラーでまとめる建物が多いです。同系色でまとめることで、家全体の印象がまとまります。

138_1_37

02.

好きな色を外壁に!白×彩色

好きな色や個性的な色で塗りたいという方は、白と彩色(鮮やかな色)を組み合わせるのがおすすめです。

白はどんな色とも相性が良いので、色同士が喧嘩することなくまとまった印象になります。

178_1_37

03.

柄のある外壁にはこれ!柄×色

外壁がサイディングボードの場合は、タイルやレンガ調、木目調の柄をいかすとさらにおしゃれな印象になります。

サイディングボードの柄をいかしたい方は、外壁の劣化が進みすぎると、柄を残せるクリヤー塗装では耐久性が落ちるため早めの塗り替えをおすすめします。

164_1_37

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ツートンの外壁は色分けの場所や色の組み合わせ方によって雰囲気が違ってきます。

大塗屋ではカラーシュミレーションでツートンのシュミレーションもできます。実績も豊富なため、お客様のお家に合ったお色をご提案します。

まずはお気軽にご相談ください。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-141-600 0120-141-600
受付時間:10:00~19:00
Access

岡山で外壁塗装屋根塗装をご希望の方はぜひ一度スタッフまでご要望をお聞かせください

概要

店舗名 株式会社大塗屋
住所 岡山県岡山市中区高屋372-5
電話番号 086-206-3747
営業時間 9:00~19:00
定休日 火曜日

アクセス

岡山に拠点を置き外壁塗装屋根部分の塗装を専門的に承っている業者には、高い技術力と豊富なノウハウを有するスタッフが在籍しております。施工前のお見積りの段階で、施工の流れ等を丁寧にご説明いたしますので、初めての方もご安心の上、何なりとご要望をお聞かせください。
Contact

お問い合わせ